マップ作成の基礎


マップ作成の流れ

  • マップ作成は下記のように行います。
  1. 地形を作成
    1. 地形データを取り込むか、自力でゼロから地形の高低を作成
    2. テクスチャーを設定
  2. 道路を敷設
  3. 建物を設置
  • それぞれの操作方法は、各説明ページを参照してください。

マップデータの操作

公式マップ(初期から選択可能な6マップ)は下記のフォルダに格納されています。

\Program Files\Steam\SteamApps\common\Cities in Motion 2\CIM2_Data\Data\Maps

また、自作のファイルや、ダウンロードしたファイルの保存先は

%USERNAME%\AppData\LocalLow\Colossal Order\Cities in Motion 2

という文字列をエクスプローラーのアドレスバーにコピーすると目的のフォルダに辿り着けます。具体的には

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\LocalLow\Colossal Order\Cities in Motion 2

あたりになる場合が多いでしょう。公式マップを編集する際は、上記フォルダ間でデータをコピーすることで、編集できます。

注意事項

  • 道路や線路を設置した場所は地形操作できなくなります。地形→道路→建物の順に設置していきましょう。

Map_01.jpg
図:道路設置後に地形操作した結果


  • 最終更新:2013-09-09 21:19:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード